FC2ブログ
今日は、マックさんが3月に手術をしてからその後と、現在の体調についてお話したいと思います。
3月に手術を受けてから、2ヶ月が経ちました。
手術の後、約2ヶ月間は、おでかけやお散歩を控えめにして、家でのんびりと静養していました。
そして2ヶ月たって、傷も完全にくっついて元気になったので、最近またお散歩へ行くようになったのですが、
なんだか以前と様子が違うのです。

マックさんはお散歩が大好きで、手術前は毎日1時間半から多い時で2時間近く歩いてました。
実際、手術の3日前まで毎日2時間歩いてました。
ところが、手術の2ヶ月後に散歩したけどあまり歩かなくて。
時間にして30分程度しか歩かなくなってしまいました。
まあ、2ヶ月のブランクがあるから、ちょっとずつ体力をつけて、また前みたいにたくさん歩けるようになるといいなって思っていたのですが、その後も何度か散歩に行ったのですが、やっぱりあまり長い距離を歩けなくて。
手術の前と後でまるで別人のようです。

気になったので、病院に行ってみたところ、先生が心臓から雑音が聞こえるというので、心臓のエコーを受けることになりました。
そしたら、心臓の弁に異常が見つかって、血液が一部逆流しているそうなんです。
マックさん、いままで心臓が悪いなんて一度も言われたことがなかったので、正直すごくショックでした。
弁の異常は先天性のものか聞いてみたところ、生まれつきや先天性のものではなく、加齢によるものとのこと。
そして、このことによって、非常に疲れやすくなるとのこと。
これを聞いてピンときました。
散歩で最初は元気よく歩いているのですが、だんだんしっぽが下がってとぼとぼ歩くようになるのです。
マックさんが散歩で長い距離を歩けないのは、多分この心臓の病気が原因だと思いました。

10歳まではまるで元気で病院には予防注射ぐらいしか来なかったのですが、11歳をすぎて、12歳、そして
13歳、ここへきて、一気にいろいろ体調の変化が起きました。
一番大きいのはやっぱり腫瘍が見つかったことです。
今年の1月に、たまたま健康診断で受けた腹部エコーで腫瘍が見つかりました。
幸い見つかったのが初期の段階だったので、悪い所は全部摘出することができました。
そして次は血液検査。
アルブミンの値が低くて、もう長いことステロイドを服用しています。
尿検査では、たんぱく尿がでます。
それから腎臓の値もよくないので、薬を服用しています。
そしてレントゲンでは背骨が一部変形していることが分かりました。
これは加齢によるものだそうです。

このように、13歳になるのをきっかけに、いろんな検査を受けましたが、やっぱり歳をとるにつれて、いろんな症状がでてきます。
できるだけ早く発見して早めに対処できればいいなと思います。
ここでみなさんにもお願いです。
11歳をこえたら、ぜひ血液検査の他にもエコーなどを受けてみて下さい。
病気が見つかってからでは遅いのです。
健康なときにこそ、検査をしたほうがいいと思います。
悪い所が見つかっても初期ならまだ治るからです。
なんでもなければそれでよしとして。
愛犬がいつまでも元気で長生きするために、できることから頑張りましょう。

筑波梅林2−7

筑波梅林26

2015那須4−8

この笑顔を守りたいから。
今後も2週間に1度の血液検査と尿検査、毎月のエコーと、定期的に病院にかよわなくてはならないですが、元気な状態を保てるように、できることを頑張ります。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村





2016.04.23 お花見散歩♪
手術の記事にたくさんの温かいコメントありがとうございました。
おかげさまで、マックさんはすっかり元気になりました。
ほんとよかった。

遅ればせながら、今日はお花見した記事を載せたいと思います。
4月6日に埼玉県三郷公園にお花見へでかけてきました。
2016桜1
公園に着くと、早速、満開の桜が出迎えてくれました。


2016桜2
さあ、お花見散歩、スタートです。


2016桜3
桜並木をテクテク。


2016桜4
今年は桜が咲いてから寒かったり曇りの日が多かったけれども、この日は久しぶりの晴天。
青空にピンクの桜がよく映えます。


2016桜5
桜林をテクテク。


2016桜6
テクテク。


2016桜7
桜の木の前でパチリ。


2016桜9
もう1枚パチリ。


2016桜10
横を向いた自然な表情もいいね。

ここで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、写真の右側が汚れてしまっています。
これは、カメラのレンズに日焼け止めクリームがついてしまって、気づかずにそのまま撮影したためなんです。
せっかくの桜の写真を撮れるチャンスなのに、ちょっと残念でした。


2016桜12
満開の桜、とてもきれいです。


2016桜13
桜並木を進みます。


2016桜14
川沿いをテクテク。
対岸は東京都葛飾区にある水元公園です。


2016桜15
テクテク。


2016桜16
テクテク。


2016桜17
満開の桜並木を散歩。


2016桜18
広場でパチリ。


2016桜19
大きな桜の木とパチリ。

三郷公園は外周2kmぐらいの小さな公園なのですが、それでも1ヶ月ぶりのおでかけ&散歩だったので、マックさんも私もバテバテ。
3分の1ぐらい歩いたら疲れて帰って来ました。
これからは、散歩もちょっとずつ距離を伸ばして、体力をつけていこうね。


2016桜21
こちらは4月9日に近所の神社の隣にある公園で撮ったもの。
桜の花びらが一面に広がって、まるで桜の絨毯です。
このマックさんの自然な表情が好きです。


2016桜22
もう1枚パチリ。
スマイル♪


2016桜23
きれいだね。


2016桜24
桜の絨毯をテクテク。


2016桜25
また記念撮影パチリ。


2016桜26
おとなしく座っています。


2016桜27
テクテクお散歩。


2016桜30
桜の花をつけて。


2016桜31
鼻にも桜の花びらが。


2016桜32
今年も一緒にお花見できてよかったね。

来年も一緒にお花見に来ようね。



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村




2016エリカラー
3月10日にマックさん、手術しました。
術後の回復は順調で3月24日には抜糸しました。
まだかさぶたが残っているのでエリカラーしてるけど、明日にははずせる予定です。

病気が分かってから治療、手術、そして回復していまになるまで、本当に長かったです。
命に関わる病気だったので、ブログに載せる心の余裕もありませんでした。
でも無事に回復して元気になったいま、記録として書き残しておこうと思います。

始まりは今年の1月。
「睾丸に腫瘍があります。」
動物病院の先生からこう言われたのは、13歳の誕生日を迎える1週間前のことでした。
健康診断でエコー検査を受けたときに発見されたのです。
腫瘍って聞いた瞬間に、もう頭の中が真っ白になって、すごくショックで、でもどこか現実味がなくて(事実を受け入れたくなかったのかもしれません)、先生の話をふわふわした状態で聞いていました。
だけど、家に帰って来て、友達にメールを打っていると、急に実感がわいてきて、家で大泣きしました。

それから誕生日までの1週間、最高に暗い気分ですごしました。
だけど、誕生日の前日に思ったんです。
せっかく13歳になるんだから、誕生日は盛大に、楽しい気分で祝ってあげようって。
そして翌日はみんなでおでかけしたり、家でケーキを食べたり、楽しくすごすことができました。

さて、ここからは治療の話に入ります。
腫瘍があることが分かってから、ほんとは1日も早く手術してとりたかったのですが、血液検査の結果、マックさんは、アルブミンの値が1.7と異常に低く(通常は2.6〜4.0)、このままでは全身麻酔が危険でできない=手術ができないとのことでした。
そこでまず、アルブミンの値を上げる治療を始める事になりました。
アルブミンを上げるにはステロイドが有効です。
ただ、ステロイドはとても強い薬で副作用もあります。
最初、ステロイド5mgを服用したのですが、薬の成分が強すぎて胃を荒らしてしまったのか、気持ち悪そうにしていたため、先生と相談して2日でステロイドの服用をやめました。
その後、ステロイドを使わずにベジタブルサポートというサプリメントを飲んで、アルブミンがあがるかどうか試してみることにしました。
1週間後、アルブミン1.9、わずかに上がりました。
2週間後アルブミン1.4、逆に下がってしまいました。
サプリメントだけではだめでした。
アルブミンが1を切ると命の危険もあるため、やっぱり、ステロイドを使うしかありません。
そこでステロイドを前の半分の量、2.5mgを今度は胃腸薬と一緒に服用することにしました。
胃腸薬が効いてるのか、マックさん、気持ち悪そうな様子は見せません。
そして1週間後、アルブミンが2.1まで上がりました。
あともうちょっと。
次の1週間後、アルブミンが2.5まで上がりました。
さらに1週間後、アルブミンは2.5のまま。
どうやらマックさんのアルブミンの上限は2.5ぐらいらしいです。
でも先生がアルブミンが2.5あれば、全身麻酔の注射しても大丈夫と言っていたので、この段階で、手術の予定を決める事になりました。
そして3月10日に手術することが決まりました。
手術自体は腫瘍のできている睾丸を切除するので、普通の去勢手術と変わらず、そんなに難しいものではないらしいです。
だけど13歳という高齢なので、手術より、全身麻酔の方が気になります。

ステロイドをずっと続けていると危険なので、手術前だけど、ここからは、段々とステロイドを減らしていきました。
最初の1週間は2.5gのさらに半分を胃腸薬と一緒に毎日服用。
次の1週間は2.5gのさらに半分を胃腸薬と一緒に1日おきに服用。

3月7日に手術前の健康診断をしました。
アルブミンは2.5あるので問題ない。
レントゲンの結果も、他に転移してるような箇所はない。
ただ、腫瘍とは関係ないのだけれども、背骨が変形する変形性脊椎症である事が分かり、これは人間でもよく腰の曲がったお年寄りを見かけますが、あれが高齢になると犬でも起こるということだそうです。
そういえば、今まで上り下りしていた家の階段を、3ヶ月前から上がれなくなってたんです。
これからは階段の上り下りや段差には徹底的に注意してあげなきゃと思いました。

3月9日、手術の前日。
翌日の全身麻酔に控えて、午後6時以降は食べ物はあげないでくださいって言われて、この日は5時頃夕食をあげました。
でも夜中にお腹が空いたらしく、空のお茶碗を足でチョイチョイたたいては、私の顔をじーっと見て、ご飯をおねだりしてました。
明日手術だから今日はもうご飯上げられないのよ。というと、今度は家の中をウロウロ歩いて、絨毯の下にあるガムやら、ソファーの隙間に入り込んでしまったガムなど、なにか食べる物はないかと探してて、なんだかかわいそうになっちゃいました。
明日、手術おわったら、たくさんごちそうあげるからね。
ごめんね、我慢してね。

3月10日手術の日。
10時頃、病院に行って、11時頃、マックさんを病院へ預けて来ました。
このとき病院の先生に、手術のあと、点滴をしたりして、お返しするのは夕方ぐらいになると思うので、一度帰ってまた迎えにきて下さいと言われたのですが、マックさんだけを病院に残して帰ることがどうしてもできなくて、病院の駐車場でずっと待っていました。
13時になって手術が始まる時間。
とても緊張して手術室の辺りを見つめ、ただ手術が無事に済むように祈ってました。
13時20分。パパさんの携帯が急になったのでドキッとしましたが、病院からで、手術は無事に済んで、マックさんも麻酔から目を覚ましているとのことでした。
これを聞いてほっとして、涙がでました。
ああ、よかった。
手術が無事成功して、麻酔から目を覚ましてくれてほんとによかった。
どうもありがとうございます。
その後点滴をして、16時頃、マックさんを迎えに行きました。
診察室に入るともうマックさんが待っていて、私たちを見るとしっぽを振って喜んでました。
ただ、病院の先生には大激怒。ちょっとでもさわろうものなら噛み付こうとしてガウガウすごい剣幕で怒ってました。
きっとひどいことされたと思ってるんでしょうね。
命の恩人なのにね。
先生にお礼を言って、マックさんを連れて家に帰りました。
ほんとうだったら入院するところなのですが、マックさんの性格上、入院するのがむずかしいとの判断で、連れて帰ることが許可されたのです。
16時すぎに家に帰ってきて、おとなしくしてました。
18時頃、麻酔が切れたのか、痛くて鳴いているので、急遽、病院に行って痛み止めの注射2本打ってもらいました。
それから痛み止めの薬をもらいました。
痛み止めが効いたのか、家に帰ってぐっすり寝込んでしまいました。
昨日はあんなにお腹空いたって騒いでたのに、ごはんも何も食べずに寝ていたのでそっとしておきました。

3月11日(術後1日)
まだ傷が痛々しい。
ご飯もまったく食べない。
大好きなおやつを3粒ほど食べた。
エリカラがじゃまで水も飲めない。
傷が痛くて足をあげられないのか、女の子みたいにしゃがんでおしっこしている。

3月12日(術後2日)
ちょっと足をあげておしっこできるようになった。
ご飯はいつもの3分の1から4分の1の量を食べられるようになった。
ちょっとずつよくなっている。

3月13日(術後3日)
日に日に元気になっている。
おしっこもちゃんと足を上げてできるようになった。
ごはんもいつもの量を食べるようになった。

3月14日(術後4日)
ますます元気になる。
抱っこのとき、膝にジャンプできるようになった。

3月15日(術後5日)
今日は病院デー。
傷は治ってきているので3月24日に抜糸することが決まった。
ほんとは手術から1週間で抜糸するらしいけど、高齢なのと、ステロイドを使っていたのとで、2週間後に決まった。
ちなみにステロイドを飲むと傷の治りが悪くなるそうなので、手術当日からステロイドは服用していません。

3月16日(術後6日)
ご飯モリモリ食べて元気いっぱい。
エリカラーにも慣れて、水を飲んだり、器用に足を舐めたりガムを噛んだりしている。
元気になってほんとによかった。

3月24日
無事に抜糸。
おめでとう♪
かさぶたがあるけど心配ない。
エリカラーはあと2、3日つけておく。
お風呂は1週間後から。
散歩は徐々に。
とのことでした。

以上、マックさんの手術に関する記録でした。
とても深刻な病気でしたが、発見が早かったので、大事に至らずに済みました。
マックさんの病気がなおって本当によかった。
高齢でも、大丈夫でした。
同じ病気と闘っている方や高齢で手術を考えている方などの参考になればと思います。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

さつまいも1
2月の始め頃、千葉県香取市にある道の駅「くりもと」から、さつまいもをお取り寄せしました。
ど〜んと2箱。
全国のサツマイモの生産量は1位茨城県、2位鹿児島県についで3位千葉県なのです。
意外と千葉県でさつまいもたくさん作ってます。
今回注文したのは「ベニアズマ」と「ベニコマチ」の2種類。


さつまいも2
こちらがベニアズマ。
ホクホクとした食感が人気の昔ながらのおいもです。


さつまいも3
こちらはベニコマチ。
千葉県香取市周辺でだけ栽培されていて、あまり市場にでることのない、めずらしい品種です。


さつまいも4
マックさんも興味津々。


さつまいも5
さつまいもの中身を半分ずつ入れ替えて、一箱は大好きなお友達のところへ。
もう一箱はマックさんと私でいただきましょう(パパさんはさつまいもがそんなに好きではないの)。


さつまいも6
早速焼き芋を作ってみました。
上がベニコマチ。
下がベニアズマです。


さつまいも7
中身はこんな感じ。
右がベニコマチ。
左がベニアズマです。
見た目はあまり変わりませんが、味は少し違いました。
ベニアズマがホクホクとしているのに対してベニコマチはしっとりとして上品な甘さでした。
どちらもおいしかったです。


さつまいも8
マックさんもどうぞ。
ベニアズマだよ〜。


さつまいも10
今度はベニコマチだよ〜。


さつまいも9
気になるねえ。


さつまいも11
さあ、どうぞ。


さつまいも12
さつまいもをペロペロ舐めてます。


さつまいも13
見つめて。


さつまいも14
見つめて。


さつまいも15
またペロペロ。


さつまいも16
この後パクパク食べました。
おいしかったね。
また来年食べようね。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村


カゼがなかなか治りません。咳がひどくて夜もあまり寝れなくて。
明日、もう一度病院に行って来ようと思います。
今年のカゼはしつこいです。みなさまもお気をつけくださいね。


ハンバーグ1
ところで先日、ちっちゃなレディールビーのルビーままさんから、とっても嬉しいお届け物が届きました。


ハンバーグ2
箱の正面には「至福の時間、和田金の味わいハンバーグ」と書いてあります。


ハンバーグ8
箱を開けていると、おじゃまむしがやってきました。


ハンバーグ3
気になる中身はこちら。
じゃじゃん。
大きなハンバーグが5つも♪


ハンバーグ4
マックさんも興味深々です。


ハンバーグ5
僕も食べたいワン。


ハンバーグ6
こちらのハンバーグ、そんじょそこらのハンバーグとは違います。
なんと、あの、松阪牛のハンバーグなんです。
ま、ま、松阪牛〜。
松阪牛なんて高級な牛、食べるの初めてです。


ハンバーグ9
ひとつひとつのサイズがとっても大きくて、手のひらと比べてもこんなに大きいです。


ハンバーグ7
氷水につけて2時間解凍します。


ハンバーグ11
解凍した後、フライパンでじっくり焼いて、できあがったのがこちら。
なんともおいしそう♪


ハンバーグ10
お皿に盛りつけてみました。

こちらのハンバーグ、ソースではなく、塩かわさびでお召し上がりくださいと書いてあったので、塩だけでいただいてみました。
ひとくち食べると、うまっ、なにこのおいしさ〜♪
肉の旨味がダイレクトに伝わって来て、ほんとにおいしい♪
こんなおいしいハンバーグを食べるの初めてです。
ルビーままさんありがとう♪
まさに肉好きな我が家にぴったりの贈り物です。
私たちを喜ばせようと一生懸命考えて贈ってくれた、その気持ちがとっても嬉しいです。
それにわざわざ大阪から三重県まで足を伸ばして買いに行ってくれてありがとうございます。
松阪牛のハンバーグ、ほんとにおいしかったです。
どうもありがとうございました♪

友達ってほんとにうれしいですね。
これからも仲良くしてくださいね♪


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村