上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、1日目と2日目はしっかり計画をたてていたのですが、本日3日目は基本的にノープランです。全く予定をたてていません。
とりあえず、おみやげをまだあまり買っていなかったので、おみやげを見たり、おいしいもの食べたりしながらのんびり帰る事にしました。
宿をチェックアウトして最初に来たのは車山高原にある霧の駅というところです。
白樺湖・蓼科湖13.JPG
さっそくおみやげを見てきました。

白樺湖・蓼科湖14.JPG
こんなの食べちゃいました。
諏訪名物かりんソフトクリーム。
私ってご当地ソフトに目がないのよねえ。

次に同じく車山高原にあるスキー場へ向かいました。
白樺湖・蓼科湖15.JPG
このリフトで頂上まで行けます。
わんちゃんも抱っこしてのることができます。
この日は学生の団体が多くて長い列を作っていました。

白樺湖・蓼科湖16.JPG
おみやげを見ている間、ずっと待っているマックさん。
けなげだねえ。

白樺湖・蓼科湖17.JPG
ここでまたソフトクリームを食べました。
今度はブルーベリーソフト。
フレッシュブルーベリーがとっても爽やか♪

白樺湖・蓼科湖18.JPG
まったくよく食べるねえ。
マックさんもあきれ顔?

この後、蓼科湖方面へ移動しました。
白樺湖から蓼科湖へ向かう大門街道沿いに野菜の直売所がありました。
白樺湖・蓼科湖19.JPG
ここのお野菜が新鮮でとっても安いんです。
隣にある畑からとってきたものを販売しています。
特におすすめなのがとうもろこし。
生食でも食べれるくらい新鮮で甘くておいしい。
なんとあの野菜嫌いのマックさんさんもここのとうもろこしは食べてましたよ。

白樺湖・蓼科湖21.JPG
これがそのとうもろこし。
ほんとおいしかった~。

この後、蓼科湖に向かいました。
白樺湖・蓼科湖22.JPG
こちらが蓼科湖です。
木々に囲まれた静かな湖です。
観光客も少なく、ひっそりとしていました。
湖の前にある小さなさびれたレジャーランドがちょっと浮いてる感じ。
おみやげ屋さんの数も少なめ。

白樺湖・蓼科湖23.JPG
私が出てくるまでひたすらお店の入り口を見ているマックさん。
いつも待っていてくれてありがとね。

いくつかおみやげ屋さんを見たけどたいしたものがなく、白樺湖へ移動する事にしました。

白樺湖・蓼科湖24.JPG
こちらが白樺湖です。
周りには大きなホテルやみやげ物やが建ち並び、蓼科湖よりもにぎやかです。

白樺湖・蓼科湖25.JPG
白樺湖っていうぐらいだから白樺もありました。
マックさんも白樺林を散策。

白樺湖・蓼科湖26.JPG
これは昨日の夜に入った温泉、すずらんの湯です。

この後、おみやげ屋さんを見て回りました。
白樺湖・蓼科湖27.JPG
あまりにも買い物が長いので、マックさんも疲れたかな?
ちょっとあきれ顔?

白樺湖・蓼科湖28.JPG
白樺でできた葉書を買って、メッセージを書いて家に送りました。
マックさんはパパさんに代筆してもらってワンって書いたよ。

この後、帰路につきました。
今回の旅行は涼しくてすごしやすかったです。
夏は毎年車山高原ですごしたいなんて思っちゃいました。

長い旅行記におつきあいいただきありがとうございました。









スポンサーサイト
旅行最終日、3日目の朝はゆっくり起きました。
さすがに2日間ハイキングで疲れもたまっていたし、よく眠れました。

白樺湖・蓼科湖1.JPG
にゃは~。
当たり前のようにベッドでくつろぐマックさん。

ここのお宿、各部屋に素敵なランプがおいてあります。
これが明るすぎず暗すぎず、とってもいい感じなの。
白樺湖・蓼科湖2.JPG
とてもやわらかく暖かな光。

白樺湖・蓼科湖3.JPG
すごい気に入っちゃって買いたかったけど予算オーバー。
今度また来た時にでもゲットするぞ。

朝食の前に宿に併設されているドッグランへ行きました。
白樺湖・蓼科湖4.JPG
ドッグランへのアプローチ。

白樺湖・蓼科湖5.JPG
テラス席もあります。

ドッグランはウッドチップが敷いてあって小型犬には十分な広さでした。
白樺湖・蓼科湖6.JPG
マックさんチェックして回ります。

ここのお宿、いいなと思ったのがこれ。
白樺湖・蓼科湖7.JPG
玄関の脇にワンちゃん用のシャワースペースがあるんです。

白樺湖・蓼科湖8.JPG
いつでも使えるようにシャンプーと真っ白なタオルが用意されてます。
嬉しいサービス。

白樺湖・蓼科湖9.JPG
今朝の朝食。

白樺湖・蓼科湖10.JPG
パンもコーヒーもおいしくてお替わりしちゃいました。

このお宿にはプレイルームもあります。
白樺湖・蓼科湖11.JPG
ピアノがあったり

白樺湖・蓼科湖12.JPG
トレーニングもできるみたい。

とってもいい宿でよかった。また来たいな。
この後、チェックアウトして本日の観光を楽しみます。
続く。



2日目の続きです。
美しの塔から先は一面に牧場が広がっています。
ということは牛さん達も当然いるわけで、
バトルふたたび。
美ヶ原高原17.JPG
牛にむかって立ち上がって吠えるマックさん。

何度も言うようですが、ここの牛達、人間にはまったく興味がありません。
だけどきっと犬を見た事がないんでしょうね。
マックを見るとものめずらしげに近寄ってきます。
そしてマックが吠えるとその声を聞きつけて牛がどんどん集まってきてしまい、1頭が3頭に、3頭が6頭に、6頭が12頭に、どんどん増えて行って最終的には20頭ぐらいの牛のギャラリーができてました。
さらに遠くからもまだ牛がやってくるのが見えたので、大事になっては大変だと思い、その場を急いで立ち去りました。

だけど移動した場所でまたも牛に囲まれて。
美ヶ原高原18.JPG
牛に大人気のマックさんでした。

さらに先を歩いていると電波塔が見えてきました。
美ヶ原高原19.JPG
大自然の中で、ここだけ人工的な建物です。

この日は牛の塩くれ場という所まで歩きました。
ここから引き返します。
辺りには牧歌的な景色が広がります。
美ヶ原高原21.JPG
マックさんも記念撮影、パチリ。

この後、ちょうどお昼の時間だったので山本小屋でお昼ご飯を食べました。
美ヶ原高原22.JPG
じゃーん、手打ちそばです。
ここのおそば、毎日使う分だけ打っているそうです。
おいしかった~。

美ヶ原高原32.JPG
食後にこけももソフトなんか食べちゃったりして。

この山本小屋、レストハウスの50mぐらい先に宿泊施設があって、実はワンちゃんも宿泊する事ができます。
最初はこっちに泊まろうかと思って迷ってました。
標高が高くて周りに何もないのできっと星が奇麗に見えるんじゃないかと思って。ずいぶん悩んだんだけど、山小屋に泊まった経験がないので今回はパスすることにしました。
でもいつか泊まってみたいです。

食事がすんだら出発。
今度は山本小屋から牛伏山山頂へ向かいます。
美ヶ原高原23.JPG
山頂へ向かう道。

美ヶ原高原24.JPG
周りに見えるのは草原と空だけ。

美ヶ原高原25.JPG
山頂からの爽快な景色です。

しばらく山頂からの景色を楽しみました。
山頂から美ヶ原高原美術館へ戻る途中に、変な着ぐるみがいました。
美ヶ原高原26.JPG
マックさん、おもいっきり不審そうな目で見ています。

何かのキャラクター?ポケモンか何か?と思ったんですが、実は、自主制作した着ぐるみだそうです。あちこちで写真を撮っているとか。
観光客に人気で記念撮影をたくさんせがまれてました。
もちろん私たちも一緒に記念写真撮りましたよ(意外とミーハー)。

さて、気を取り直して。
美ヶ原高原27.JPG
前方に見える赤いのは美ヶ原高原美術館の野外展示場のモニュメントです。
この後、無事に駐車場に着いて、美術館のおみやげを見て帰りました。

宿に帰ると夕食の時間でした。
美ヶ原高原28.JPG
今日はしゃぶしゃぶです。

美ヶ原高原29.JPG
具を入れすぎてなかなか煮えない・・・。
これじゃしゃぶしゃぶできないよう。
しばらくおあすけ状態でした。

美ヶ原高原30.JPG
今日のデザートは和風でした。

美ヶ原高原31.JPG
マックさん、熟睡していて、食事が終わってパパさんが肩をたたいて起こしてもなかなか起きなかったそうです。
2日間歩いたからさすがに疲れたかな?


食事の後はまた温泉♪
今日は白樺湖畔にあるすずらんの湯という所にいきました。宿から車で10分ぐらい。露天風呂から湖が見渡せます。とっても気持ちのいいお風呂でした。
お風呂の隣の広場では中学生がキャンプファイヤーをやっていました。なつかしい、青春だわ。

お風呂をあがって空を見ると星が奇麗に見えました。白樺湖は標高が低いので標高の高い車山までいそいでもどって、富士見という展望スペースに駐車して星を観察しました。
周りにはさえぎるものは何もなく、しかも真っ暗なので、星がよく見えます。
しかもここは標高1,800m。
北斗七星が手に取るように近くに大きく見えました。
天の川もうっすら見えました。
それから流れ星もたくさん見ました。1時間に5、6個でしょうか。
なんとか流星群のときはきっと数えきれないほど見えるんでしょうね。

とってもロマンチックな夜でした。
この後、宿へもどって爆睡しました。


夏休み2日目です。

夏の夜明けは早い。
朝の4時にはもう辺りは明るくなっています。
せっかく観光地に来たので、今朝は朝の4時に起床、早朝散歩へ行ってくることにしました。
宿から車で40分ぐらい走らせた所にある御射鹿池という所に行きました。
こちらの池は非常に小さいのですが、東山魁夷の名画「緑響く」のモデルになった所で知る人ぞ知る有名なスポットです。

美ヶ原高原1.JPG
湖面に森の木々が写っていてとってもきれい。

美ヶ原高原2.JPG
マックさんも決まってるね。

宿に帰ったら朝食タイムです。
美ヶ原高原3.JPG
盛りつけも器もとってもオシャンティー(意味=おしゃれ)♪

美ヶ原高原4.JPG
パンも焼きたてでおいしかったです。

美ヶ原高原5.JPG
犬嫌いのマックさん、めずらしく泊まりに来ていた他のわんちゃんとご挨拶。
昨日は大きいわんちゃんに向かって吠えていたくせにね。
どうやら自分より小さい小型犬の女の子は好きみたいです。

食事の後は今日の目的地、美ヶ原高原に向かいます。
車山高原からビーナスラインを走らせること1時間。
美ヶ原高原美術館の駐車場に着きました。
美ヶ原高原美術館の屋外展示場はわんこも入れます。
しかし、今日の目的は美ヶ原高原ハイキング。
美術館の脇をとおってハイキングコースへ向かいます。

美ヶ原高原6.JPG
気持ちのいい草原の中、木道を進みます。

と思ったら、
美ヶ原高原7.JPG
あれ、マックさん木道から降りちゃった。
草原を歩きたかったんだね。

美ヶ原高原8.JPG
気を取り直して、と

牛伏山山頂へ向かいます。

美ヶ原高原9.JPG
牛伏山山頂に到着しました。
しばし景色を堪能します。

ここから山本小屋へ向かう道の両脇に牧場が広がっていて牛がたくさんいました。
牛たちは人間には全く興味がなく、だけど犬には興味深々。
マックさんを見るとめずらしいのか近寄ってきました。
美ヶ原高原10.JPG
身を乗り出して見ています。


美ヶ原高原11.JPG
おもしろがってマックさんを牛に近づけてみると

次の瞬間、

美ヶ原高原12.JPG
決定的瞬間。
マックさんが牛に噛み付いた?

美ヶ原高原13.JPG
場所を移動してもまた別の牛たちが見に来ます。
牛さんにモテモテのマックさんでした。

美ヶ原高原14.JPG
牛伏山っていうぐらいだからね~。
牛がいっぱいいるよね。

美ヶ原高原15.JPG
牛だけじゃない、馬もマックさんをじっと見てました。

山本小屋から美しの塔を目指します。
こちらは平坦な広い道で登山の格好ではなく、サンダル履きの観光客もいっぱい歩いてました。

美ヶ原高原16.JPG
マックさんと美しの塔。

ほとんどの観光客はここまで来て帰ってしまうのですが、私たちはもう少し先へ進みます。
続く。




車山湿原をぬけるとだんだん笹や木が生い茂り、辺りは林のようになってきました。
車山高原45.JPG
笹はちょうマックさんの背丈くらい。
マックさん、歩きづらそうなのでパパさんに抱っこしてもらい、楽ちんしてた。
沢渡までは距離もけっこうあってしかも辺りは木が生い茂り、暗くなってきたのでほんとにこの道であっているかどうか不安でした。
沢渡についたら今度は車肩山までひたすら急な坂道を登ります。
ガイドブックには40分って書いてあったけど、いやはや私の足ではたっぷり1時間半かかりました。
でも車山肩から見る景色は爽快でした。
今回歩いたコースは車山肩→車山山頂→蝶々深山→車山湿原→沢渡→車山肩と普通なら3時間のコースをお弁当を食べたり写真を撮ったりしながらたっぷり6時間半かけて歩きました。

車山高原33.JPG
ハイキングの帰りに朝寄った山小屋に立ち寄りました。
喫茶店もやっていて、テラス席ならわんこOKです。

車山高原32.JPG
マックさん、ケーキ見過ぎだよ。
ここではサイフォンでいれたおいしいコーヒーを飲む事ができます。

車山高原34.JPG
さらにもう1軒のお店でソフトクリームを食べていると

車山高原35.JPG
マックさんはテーブルの足下で休んでました。
疲れたかな?

宿に向かう前にもうひとつ行きたい所がありました。
霧ヶ峰のシンボル霧鐘塔です。
車山高原36.JPG
マックさんと霧鐘塔。

霧ヶ峰はもともと霧が多い所なので濃霧の日に鐘を鳴らしてハイカー達に場所を知らせる避難塔となっています。
けっこう時間が遅いのに次から次へと観光客がやってきます。
最初だれも鐘をならしてなかったのですが、一人がならすとあとからみんな鳴らし始めました。
もちろん私たちも鳴らしましたよ。
マックさんもね。
私たちが帰った後も、霧ヶ峰に鐘の音が鳴り響いてました。

5時近くになってやっとお宿へ向かいます。
今日のお宿は車山高原にあるオーベルジュ赤煉瓦さん。
一目見て外観もお部屋もとっても気に入りました。
車山高原37.JPG
お部屋はこんな感じ。
天窓があったりして雰囲気もばっちり。
今回はトリプルのお部屋を2人と1匹で使わせてもらいました。
ベッドが3台ってことはひとり1台ずつ?
マックさんも1台使えるの?なんてね。

車山高原38.JPG
お部屋の鍵もこんなにオシャレ。

さあ、待ちに待った夕食です。
夕食は食堂でみんなでいただきます。
わんちゃんも一緒に食堂に同伴できます。
今回この宿を選んだのはここがポイントでした。
最近はペットと泊まる宿が格段に増えてきましたが、食事の時はわんこは部屋で留守番ってところが多いです。
知らない所でひとりで部屋に置いていくのもかわいそうだし、私たちも不安で気になって食事を食べた気がしません。
それにマックさんは部屋でひとりにされるとワンワンずっと吠えつづけるのです。
周りにも迷惑になってしまうし、それで食事も一緒に同伴できるお宿を探していました。
ここのお宿ならずっと一緒にいられるね。

車山高原39.JPG
本日の夕食のメニューです。

車山高原40.JPG
こちらは前菜です。
高原野菜のアスパラとズッキーニがおいしかった。

車山高原41.JPG
本日のスープです。
コーンスープでしたが、コーンが甘くてつぶつぶしていてとてもおいしかったです。

車山高原42.JPG
こちらがメインのステーキです。
わさびとしょうゆでいただきます。
ボリューム満点でとってもおいしかった。

車山高原43.JPG
デザートのあんずのチーズケーキと桃のソルベ。
デザートも全然手を抜いてなくて、手作りでとてもおいしかったです。

食事の後はお風呂お風呂。
お部屋にバス、トイレもついているのですが、せっかくなので宿の人に教えてもらった温泉に行くことにしました。
車山高原の近くにはいい温泉がたくさんあって、日帰り温泉も充実しているみたいです。
今回行ったのは宿から車で30分ほどの音無の湯というところです。
車山高原44.JPG
こちらが音無の湯です。
この温泉、特に露天風呂が最高でした。
お風呂の目の前に川が流れていて、お風呂に入りながら川を眺める事ができます。
私が入ったのは夜だったので川は見えなかったけど、川の流れる音は聞こえました。
他にも大きな樽のお風呂とかあって、こちらにも漬かってきました。
ほんといい温泉だった~。
また昼間に来たいな。

温泉から宿に帰る途中、真っ暗なビーナスラインを走っていると、野生の鹿を2頭見ました。
この鹿たちがお花を食べちゃっているわけね。
鹿は思ったより大きくて、車のライトがあたっても全然逃げる様子はなかったです。
この後、宿へ帰ってすぐ寝ました。

2日目に続く。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。