上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軽井沢旅行記3−1
翌日の朝です。
足をなめているマックさん。



軽井沢旅行記3−2
前足でちょいちょいと顔を洗ってます。
これ、毎朝の日課になってます。



軽井沢旅行記3−3
マックさん、持参した自分のベッドで寝てます。



軽井沢旅行記3−4
今度はクレートで。
狭い所が落ち着くのかな。



軽井沢旅行記3−5
ホテルで朝食をいただきました。
はじめ全然期待してなかったんだけど、これがすごくおいしかった。浅野屋のパンと腸詰屋のハムを使ってます。
この朝食だけを食べにここを訪れる人も多いらしいです。一般の人でもここの朝食をいただけます。今度軽井沢に来た時はまたここで朝食を食べたいと思いました。



軽井沢旅行記3−6
モーニングコーヒーを飲んでまったりと。


朝食を食べ終えて、ホテルをチェックアウト。これから観光に向かうぞってところで大事件勃発。
なんと車の中にマックさんと鍵をおいたままドアが勝手にロックされてしまったんです。いままでもたびたびドアを閉めると5秒後ぐらいに自動的に車がロックする不具合が起きてました。でも車を買い替えるのでいいかってなおさないで来ちゃったんです。まさか、こんなところでキーロックしちゃうとは思いませんでした。JAFを呼ぼうにも日曜日だし、来るまで時間かかるよね、どうしよう。なかにマックさんがいるので不安です。困っている私たちを見て、ホテルの方が知り合いの自動車屋さんに電話して、すぐ修理に来てくれることになりました。待つこと数十分で修理の方登場。早速作業にとりかかり、すぐに空きますよ〜といっていたのになかなか開かない。結局ドアが開いたのは1時間後でした。マックさんを無事救出。よかった。ひと安心しました。
この事件のあと、だいぶ時間を無駄にしてしまい、ショックもあって、とても観光する気分じゃなかったの。それで景色のきれいなカフェで癒されようと、ある場所へ向かいました。



軽井沢旅行記3−7
向かった先は天空のカフェ、アウラさん。
カフェへの階段をかけあがるマックさん。



軽井沢旅行記3−8
このカフェから見える景色が最高なんです。
昨年の秋に初めてここを訪れて感動しました。秋は紅葉だったけど、今はまぶしいばかりの新緑です。



軽井沢旅行記3−9
カフェのまわりはクローバーでいっぱい。



軽井沢旅行記3−10
マックさんもくつろいでます。



軽井沢旅行記3−11
じゃ〜ん、シロツメクサの花冠、また作っちゃいました。



軽井沢旅行記3−12
横顔もいいね。



軽井沢旅行記3−13
マックさん、気持ち良さそう。



軽井沢旅行記4−14
本日のベストショット。



軽井沢旅行記3−16
マックさん、かわいい♪



軽井沢旅行記3−15
この景色を見ながら何時間もここにいました。



軽井沢旅行記3−17
カフェを後にして、旧軽銀座へ。
これは幻のカレーパンのお店。



軽井沢旅行記3−18
どれどれ。
マックさん、においをかいでチェックしてます。



軽井沢旅行記3−19
今度は沢屋カフェのブルーベリーソフト。
この後おみやげを買って、早めに帰宅しました。

今回の旅行、いろいろとハプニングはあったけど、時間をゆっくりすごせてよかったです。軽井沢の新緑、とってもきれいでした。秋もいいけど春もいいね。またこの時期に軽井沢に遊びに来たいと思いました。

軽井沢旅行記、おつきあいいただいてありがとうございました。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。

































スポンサーサイト
軽井沢旅行記2−1
続いてやってきたのは星野温泉トンボの湯です。



軽井沢旅行記2−2
いいところにベンチがあったので、マックさんを座らせて写真撮影しました。



軽井沢旅行記2−3
笑顔全開のマックさん。



軽井沢旅行記2−5
スマイル♪
パシャパシャ写真撮っていたら、突然「モデルさんですか?」と声をかけられました。
そんなこと聞かれた事ないし、テンパッちゃって「いえ、普通の飼い犬です」と答えた私。
マックさんがちゃんとおとなしく座ってカメラのほうを見てポーズをとっているのでモデル犬だと思ったらしいです。もうちょっと若かったらほんとにモデルとしてデビューさせたかったんだけどね。



軽井沢旅行記2−6
パパさんが温泉に入ってるあいだ、マックさんと周辺をお散歩。



軽井沢旅行記2−7
この辺りは自然がいっぱいでお散歩するのが楽しいです。

我が家は温泉好きでよく日帰り温泉に行くのですが、そんなときは必ずひとりずつ交代で入るようにしています。マックさんだけを車に残して行くのは不安だし、いたずらされても嫌なので、絶対目を離さないようにしています。でもわんこだけを車に残して温泉に行ったりする人も多いんですよね、駐車場でわんこだけが乗った車をよくみかけます。涼しい時期だったらいいですけど、今の時期、ちょっと暑くてかわいそう。そういうわんこが気の毒に思います。



軽井沢旅行記2−8
続いてホテルにチェックイン。
今回泊ったのはART HOTEL FOLONさん。
ここに決めたのは立地条件の良さから。
旧軽銀座まで徒歩5分、雲場の池まで徒歩10分の距離にあります。



軽井沢旅行記2−9
部屋全体はこんな感じです。
ちなみにベッドに乗ってますが、ちゃんとベッドの上にシーツをしいてます。わんこを連れてる人はフロントでシーツを渡されます。部屋に入ったらベッドの上にシーツをかけてくださいと言われます。わんこはどうしてもベッドにのりたがるから、ホテルの方もよくわかってらっしゃるんですね。



軽井沢旅行記2−19

続いてディナーにやってきたのはピレネーさん。
お店の前では順番待ちをしている人がたくさん並んでいました。今回は予約をしておいたのですぐ入ることができてよかったです。



軽井沢旅行記2−10
テラス席わんこOKと聞いていたのですが、ほぼ店内でした。
店内はこんな感じでとてもにぎわってました。



軽井沢旅行記2−17
ディナーのメニューです。
いきなりテーブルの上におぼんに乗せられた肉のかたまりが運ばれて来ます。鳥まるごと1羽、豚肉のかたまり、骨付きの牛肉など。迫力満点でした。そのなかから自分が食べたい物を選び、お店の人が暖炉でやいて調理してくれるんです。今回は骨付き牛を注文しました。



軽井沢旅行記2−11
こちらは私チョイスの前菜。
ポークとホワイトアパラのゼリーよせ。
味は、う〜ん、よく分かんない。



軽井沢旅行記2−13
パパさんチョイスのにしんの薫製マリネ仕立て。
これがすごくおいしかったの。



軽井沢旅行記2−12
前菜はこのように大きなプレートが置かれ、その中から自分が食べたい分だけお皿にとってサーブして食べるシステムでした。私もちょっと味見したらとってもおいしかったです。それでね、とてもおいしかったのと、お腹も空いていたのでふたりで3〜4人まえはありそうなこの料理をペロリと食べてしまいました。



軽井沢旅行記2−14
こちらはマックさん用の牛肉入りおにぎり。
わんこメニューもあるので嬉しいです。



軽井沢旅行記2−15
続いてポタージュスープ。
こちらもなんとピッチャーごとテーブルに置かれます。好きなだけカップにそそいでいただくシステム。このシステム、気に入りました。クリーミーでなめらかでとってもおいしかったのでおかわりしちゃいました。
この時点ですでにもうお腹いっぱい(笑)。



軽井沢旅行記2−16
メインの骨付き牛の暖炉焼きです。
写真だと分かりづらいんですけどこのお肉、厚みがすごくて1枚の厚さは1.5〜2cmはあるかな、それも大量にあるのでボリューム、迫力ともに満点でした。もうお腹いっぱい、もうムリ〜といいながらもふたりで全部食べちゃいました。とってもおいしかったです。



軽井沢旅行記2−18
デザートはパパさんの誕生日が近いのでバースデーケーキ♪
パパさんに内緒で電話で予約しておきました。
喜んでくれたのでうれしかったです。


とってもおいしいディナーで大満足でした。

part3に続く。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。












5月の25、26日と1泊2日で軽井沢に旅行に行って来ました。
毎年秋の紅葉の時期に行ってるのですが、春のこの時期に訪れるのは初めてかな。
軽井沢旅行記1
早朝の旧碓氷峠見晴台にて。
新緑がとってもきれいです。



軽井沢旅行記2
ここが県境です。
記念撮影パチリ。
ほんとはここから素晴らしい景色が見えるのだけど、朝早くて霧がでていたのでこの日は見れなかったの。
でも幻想的な雰囲気で、それはそれできれいだった。



軽井沢旅行記3
つつじが咲いていたので一緒にパチリ。



軽井沢旅行記4
今度はアップでパチリ。
笑顔がかわいい♪



軽井沢旅行記5
朝ご飯は旧軽銀座の浅野屋さんで買ったパン。
メンチカツサンドとブルーベリーパイ。
どちらもおいしかったです。



軽井沢旅行記6
秋には赤く色づくカエデの葉もいまはまだ緑色。
新緑の優しい色合いがとってもきれいです。

ちなみにこのバッグ、浅野屋さんの80周年記念の限定バッグです。
お求めになりたい方はお早めにお店へどうぞ。



軽井沢旅行記7
マックさん、かわいい♪



軽井沢旅行記8
新緑のもみじ。
私ね、紅葉も好きだけど、芽吹きの時期の葉の淡い緑色がとっても好きなんです。
やわらかい感じがして、目に優しいの。



軽井沢旅行記9
ズミの花も咲いてました。
軽井沢はちょうどいまが春ですね。



軽井沢旅行記10
石畳ともみじの葉。
秋には赤く色づくもみじもまだ緑色です。



軽井沢旅行記11
熊野皇大神社へ行きました。



軽井沢旅行記12
パワースポットにもなっている、樹齢何百年かのしなの木。
とっても力強く、生命力を感じます。



軽井沢旅行記13
マックさん、しなの木の前でパチリ。
この木からパワーをもらって長生きするんだよ。



軽井沢旅行記15
続いてやってきたのは神社の向かいにある「元祖ちからもちしげのや」さんです。
店内わんこOKです。



軽井沢旅行記14
県境をまたぐマックさん。
この赤い線より右が長野県。左が群馬県です。



軽井沢旅行記16
神社で買ったお札とお守り。



軽井沢旅行記17
名物のちからもちをいただきました。
マックさん食べたそう。



軽井沢旅行記18
お店の中にも県境の赤い線が貼られています。
マックさん、しっぽだけ長野県にはみでてるよ。


続いて楽しみにしていたランチは「追星」さんで。
昨年の秋に行ったらあまりに混んでてあきらめたので、今回は予約して行きました。時間に間に合うように行こうと、確か旧軽銀座のはずれ、ショーハウスの近くにあったなと思って行ってみたら、なんとお店がないんです。正確に言うと建物はあるのですが、ロープが張られ、看板も何もない。ひょっとして閉店したの?と思い、あせりました。でも1週間前に確かに電話で予約してるので、私はいったい誰と話をしたのだろうと不思議になったり。それにこういうときに限って携帯を忘れて来たのでお店の電話番号も分からない。どうしよう・・・。
そんなとき、パパさんが機転をきかせて自分のスマホでお店の電話番号を調べてくれました。ドキドキしながら電話すると、なんと場所を移転したとのこと。な〜んだ。そういうことか。ほっとしました。けど、今から移動したんじゃ予約の時間に間に合わないので、ちょっと予約の時間を遅くしてもらいました。



軽井沢旅行記19
こちらが追星さんの新しい店舗です。
六本辻の近くにあります。



軽井沢旅行記20
ちゃんと看板もでています。
いつ移転したんだろう?
昨年の秋にはここになかったよ。
ちなみにお店のホームページも古い店舗のままでした。
間違えても私、わるくないよね?



軽井沢旅行記21
天然鮎の塩焼き。
実はこちらのお店にはメニューはありません。
すべておまかせなのです。
どんなお料理が運ばれて来るか楽しみです。



軽井沢旅行記22
山菜の天ぷら。
この山菜、近くに秘密の場所があって、そこで採ってきたものなんですって。
サクサクでおいしかったです。



軽井沢旅行記23
土鍋で炊いた鮎ご飯。
とってもおいしかったです。
他にわらびのおひたし、おそば、みそ汁などをいただきました。
料理はもちろんおいしいのだけど、器もとっても素敵でした。
景色もきれいだし、ゆったりと食事を楽しむことができました。

part2に続く。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。