上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車山山頂は標高が1925mあります。
駐車場のある車山肩でも標高は1800mです。
朝6時の気温は15度、12時頃でも24度くらいかな、とっても涼しかったです。
ちなみに山頂まで歩くのはちょっと、という人は車山高原スキー場からリフトで頂上まで上がれます。
小型犬なら抱っこしてリフトに乗車することができます。
ただリフトが結構急なのと、マックさんは抱っこが嫌いで暴れると危ないので、うちは歩いて山頂まで登りました。

山頂で少し休んでから、今度は急な坂を下って行きます。
車山高原16.JPG
右に見えるのがリフトです。

車山高原17.JPG
眼下に見えるのは白樺湖です。

車山高原18.JPG
結構急な階段状の坂道を下ります。
膝ががくがく痛くなります。
みんなから遅れる私。
マックさん待ってよ~と言うと、振り返って待っていてくれます。
優しいわんちゃんだ。

車山高原19.JPG
やっと階段を下りるとなだらかな斜面が広がっています。
ニッコウキスゲも咲いていました。

車山高原21.JPG
マックさん、ニッコウキスゲと記念撮影、パチリ。

車山高原22.JPG
今度は木道を歩きます。
草原の中、見晴らしもよく気持ちのいい道です。

車山高原23.JPG
蝶々深山へと続く道。
なだらかな上りなんですが、上りが苦手な私はスローペースでのぼりました。

車山高原24.JPG
蝶々深山に到着しました。
ここでお弁当を食べました。
たくさんのグループが登山に来てここで休んでいました。
平均年齢70歳以上のお年寄りグループ、女子高生のグループ、それから中学生の林間学校らしき軍団まで、いろんな年代の人がハイキングを楽しんでいました。

車山高原25.JPG
蝶々深山、山頂からの景色その1。
2つ見えるこぶみたいのが南の耳、北の耳と言われている所です。
最初、こっちに行きたかったのですが、足下が見えないほどの急な下りのガレ場があると聞いてやめました。やめといてよかった~。私の体力ではまだ無理です。

車山高原26.JPG
蝶々深山、山頂からの景色その2。
多くの人が八島ヶ原湿原へと向かいます。
残念な事に、八島ヶ原湿原への犬の立ち入りは厳しく制限されています。
自然監視員という腕章をつけた人がいっぱいいて、八島ヶ原湿原に犬を連れて近づくと、めざとく注意されるそうです。
嫌な思いをしたくなければ八島ヶ原湿原には近づかない方がよいですよ。
湿原に近づかなければそれ以外の所は歩いても大丈夫。
八島ヶ原湿原に行かなくても、草原の中、爽快な景色を見ながら愛犬と歩く道はとても気持ちのよいものでした。絶対また来たいです。

車山高原27.JPG
蝶々深山から来た道をちょっと引き返します。
小さい丸いレーダーのある建物が車山山頂。
あそこからずっと歩いてきたんだよ。


途中で道を分岐して、車山湿原を通って沢渡というところまで行きます。
車山湿原は犬の立ち入りは制限されていません。
ここからは湿原に咲く花をどうぞご堪能下さい。
車山高原28.JPG
アカバナシモツケとイブキトラノオ

車山高原29.JPG
ノハナショウブ

車山高原30.JPG
ハクサンフウロ

車山高原31.JPG
クガイソウと蝶々

次回に続く。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/165-455fefbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。