2日目の続きです。
美しの塔から先は一面に牧場が広がっています。
ということは牛さん達も当然いるわけで、
バトルふたたび。
美ヶ原高原17.JPG
牛にむかって立ち上がって吠えるマックさん。

何度も言うようですが、ここの牛達、人間にはまったく興味がありません。
だけどきっと犬を見た事がないんでしょうね。
マックを見るとものめずらしげに近寄ってきます。
そしてマックが吠えるとその声を聞きつけて牛がどんどん集まってきてしまい、1頭が3頭に、3頭が6頭に、6頭が12頭に、どんどん増えて行って最終的には20頭ぐらいの牛のギャラリーができてました。
さらに遠くからもまだ牛がやってくるのが見えたので、大事になっては大変だと思い、その場を急いで立ち去りました。

だけど移動した場所でまたも牛に囲まれて。
美ヶ原高原18.JPG
牛に大人気のマックさんでした。

さらに先を歩いていると電波塔が見えてきました。
美ヶ原高原19.JPG
大自然の中で、ここだけ人工的な建物です。

この日は牛の塩くれ場という所まで歩きました。
ここから引き返します。
辺りには牧歌的な景色が広がります。
美ヶ原高原21.JPG
マックさんも記念撮影、パチリ。

この後、ちょうどお昼の時間だったので山本小屋でお昼ご飯を食べました。
美ヶ原高原22.JPG
じゃーん、手打ちそばです。
ここのおそば、毎日使う分だけ打っているそうです。
おいしかった~。

美ヶ原高原32.JPG
食後にこけももソフトなんか食べちゃったりして。

この山本小屋、レストハウスの50mぐらい先に宿泊施設があって、実はワンちゃんも宿泊する事ができます。
最初はこっちに泊まろうかと思って迷ってました。
標高が高くて周りに何もないのできっと星が奇麗に見えるんじゃないかと思って。ずいぶん悩んだんだけど、山小屋に泊まった経験がないので今回はパスすることにしました。
でもいつか泊まってみたいです。

食事がすんだら出発。
今度は山本小屋から牛伏山山頂へ向かいます。
美ヶ原高原23.JPG
山頂へ向かう道。

美ヶ原高原24.JPG
周りに見えるのは草原と空だけ。

美ヶ原高原25.JPG
山頂からの爽快な景色です。

しばらく山頂からの景色を楽しみました。
山頂から美ヶ原高原美術館へ戻る途中に、変な着ぐるみがいました。
美ヶ原高原26.JPG
マックさん、おもいっきり不審そうな目で見ています。

何かのキャラクター?ポケモンか何か?と思ったんですが、実は、自主制作した着ぐるみだそうです。あちこちで写真を撮っているとか。
観光客に人気で記念撮影をたくさんせがまれてました。
もちろん私たちも一緒に記念写真撮りましたよ(意外とミーハー)。

さて、気を取り直して。
美ヶ原高原27.JPG
前方に見える赤いのは美ヶ原高原美術館の野外展示場のモニュメントです。
この後、無事に駐車場に着いて、美術館のおみやげを見て帰りました。

宿に帰ると夕食の時間でした。
美ヶ原高原28.JPG
今日はしゃぶしゃぶです。

美ヶ原高原29.JPG
具を入れすぎてなかなか煮えない・・・。
これじゃしゃぶしゃぶできないよう。
しばらくおあすけ状態でした。

美ヶ原高原30.JPG
今日のデザートは和風でした。

美ヶ原高原31.JPG
マックさん、熟睡していて、食事が終わってパパさんが肩をたたいて起こしてもなかなか起きなかったそうです。
2日間歩いたからさすがに疲れたかな?


食事の後はまた温泉♪
今日は白樺湖畔にあるすずらんの湯という所にいきました。宿から車で10分ぐらい。露天風呂から湖が見渡せます。とっても気持ちのいいお風呂でした。
お風呂の隣の広場では中学生がキャンプファイヤーをやっていました。なつかしい、青春だわ。

お風呂をあがって空を見ると星が奇麗に見えました。白樺湖は標高が低いので標高の高い車山までいそいでもどって、富士見という展望スペースに駐車して星を観察しました。
周りにはさえぎるものは何もなく、しかも真っ暗なので、星がよく見えます。
しかもここは標高1,800m。
北斗七星が手に取るように近くに大きく見えました。
天の川もうっすら見えました。
それから流れ星もたくさん見ました。1時間に5、6個でしょうか。
なんとか流星群のときはきっと数えきれないほど見えるんでしょうね。

とってもロマンチックな夜でした。
この後、宿へもどって爆睡しました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/168-7d46d01d