上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.27 東北旅行記5
2日目(7月29日)八幡平観光 後編

東北3−3−1
八幡平をハイキングした後は、パークサービスセンターでおみやげを見ました。



東北3−3−2
お店の前で待っているマックさん。


おみやげを見た後は本日のメインイベント2、八幡平の温泉めぐりをします。ここ八幡平には温泉がたくさんあって、まさに温泉天国。秘湯と呼ばれる温泉も多くあります。我が家は温泉好きなので、そういった温泉をまわってみようということになりました。
東北3−3−3
最初に訪れたのは秋田県にある「ふけの湯」さん。八幡平最古の温泉です。つげ義春の漫画にもでてきたぐらい、古くて歴史のある温泉です。こちらには宿泊施設もあるので、湯治をする人も多いのではないかと思います。今回は日帰り温泉を楽しみました。



東北3−3−4
お風呂は男女別の内風呂と露天風呂、そして混浴の露天風呂があります。露天風呂のまわりは岩場から水蒸気やいろんなガスが吹き出していて、迫力満点でした。男女別の露天風呂には囲いがあってまわりから見えないように配慮がされているのですが、混浴の露天風呂はまわりから丸見え。女性にはちょっと勇気がいるのではないでしょうか。そして、お風呂の他にもう一つ、「オンドル式」という入浴法があります。これはどのようにやるかというと、岩盤の上にござを敷いて、その上に寝転んで体を温めます。これこそ天然の岩盤浴です。座っているだけでも汗がでてきて、吹く風が気持ちよかったです。



東北3−3−5
次に訪れたのは藤七温泉です。こちらも人気のある秘湯です。こちらには露天風呂が2カ所あるのですが、これがすごかった。



東北3−3−6
こちらは岩場のあるダイナミックな露天風呂。
だけど駐車場から丸見えなのです。
おじさんのお○りも丸見え。



東北3−3−7
女性風呂もこのとおり丸見え。
私はとてもじゃないけど、勇気がなかったのでもうひとつの露天風呂へ。
そちらの風呂からは眺めも良く、岩手山がとてもきれいに見えました。


八幡平を後にして、宿へ向かいます。
東北3−3−8
途中で寄った岩手山サービスエリアから、岩手山がとてもきれいに見えました。



東北3−3−9
これは岩手山メロンパン。
サービスエリアの売店で売ってました。


今日泊る宿は雫石の近くにある玄武温泉「四季の里」さんです。もちろん温泉のある民宿です。スキーで有名な雫石にはペットと泊れる旅館がなくて、この小さな玄武温泉にはなんとペットと泊れる宿が3軒もあるのです。今回ここのお宿に決めたのは、食事の時に他のお客さんがいなかったら、ペットを食堂に連れて来てもいいよと言ってくれたからです。知らない場所でひとり部屋の中に置いてくのはかわいそうだし、留守番させるとわんわん吠え続けるので、最近はこうやってペットも食堂に同伴できる所か部屋食のできる宿に泊まる事が多いです。
東北3−3−10
ベッドではしゃぐマックさん。
こちらの民宿、民宿なのになぜかベッドなんです。
これにはマックさんが一番喜んでました。



東北3−3−11
ゴロンと転がったり。



東北3−3−12
ベッドを満喫してました。



東北3−3−13
だけどひと暴れすると、家から持参した自分のベッドで寝てました。



東北3−3−14
やっぱり自分のベッドが一番だね。


お部屋でちょっと休んだ後、いよいよお食事です。写真がないんだけど、この宿のお食事は山菜や岩魚、郷土料理のひっつみがでてきておいしかったです。そして夕食の後のお楽しみが。ご主人が近くのホタルが見える場所へ案内してくれるというのです。最初はホタルっていってもちらほら3〜4匹とんでるだけでしょぐらいに思っていて、たいして期待もしてなかったのですが(失礼)、いざ行ってみたら違った。上にも下にも、前にも後ろにも横にも、360度、見渡す限り、無数のホタルが飛びまわっていて、それはもう、言葉にできないぐらいの美しさ。都会の夜景なんかより全然きれい。まるで自分が銀河のなかにいるような、そんな錯覚さえ覚えるぐらいすごかったです。おそらく100匹以上はいるのではないでしょうか。こんなにたくさんのホタルの群生を見たのは初めて。これを見れただけでもこの宿に泊まって良かったと思いました。


3日目に続く。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/323-d6260817
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。