2013.09.04 東北旅行記8
3日目(7月30日)小岩井牧場 part3
3日目3−1
まきば園を後にして、続いて小岩井農場上丸牛舎にやってきました。
小岩井農場の酪農発祥地です。



3日目3−2
国登録有形文化財 二号牛舎。
明治時代に建てられた牛舎をいまもまだ現役で使っています。



3日目3−3
国登録有形文化財 三号牛舎。
趣があって素敵な建物です。



3日目3−4
三号牛舎には子牛見学所がありました。



3日目3−5
子牛ちゃんがたくさんいましたよ。



3日目3−6
サイロの前でパチリ。
マックさんかわいい♪



3日目3−7
レンガでできたサイロ。



3日目3−8
現在は使われてなさそうな建物。



3日目3−9
牛舎を後ろから見ると、すごく大きいのが分かります。


3日目3−11
続いて国登録有形文化財 一号牛舎。



3日目3−10
マックさんもパチリ。
中で牛さんが見学できます。



3日目3−12
牛さんがいっぱいいました。



3日目3−13
岩手山とパチリ。
牛舎の見学をおえて、ふたたびまきば園へ戻って来ると、空が晴れて岩手山が頂上まで見えてました。
この後、牛と羊のかぶりものをかぶって3人で一緒に記念写真を撮ってもらいました。




3日目3−14
まきば園から車で5分くらいのところにある撮影スポット「岩手山と一本桜」
ポストカードにもなってます。



3日目3−15
今度は縦バージョン。
どうですか?良く撮れていますか?


3日目3−16
その後、まきば園の入り口にあるミルクスタンドでまたソフトクリームを食べました。
まきば園に入場しなくてもソフトクリームが食べられるので、地元の人がたくさん来てました。



3日目3−17
こちらは隣の売店で買ったナッツタルト。
おみやげも買うことができます。



3日目3−18
帰りに国登録有形文化財「小岩井農場本部事務所」に寄りました。
明治時代からずっと現在も使われています。



3日目3−19
宿に帰って熟睡するマックさん。



3日目3−20
すごい格好で寝ています。
よっぽど疲れたんだね。



この後、待ちに待った夕食の時間です。カニやらスペアリブやら岩魚の甘露にやら、食べきれないほどたくさんのごちそうでおもてなしをしてくれました。料理もおいしかったし、気持ちが嬉しかったです。
夕食後、旅館のご主人とまたホタルを見に行きました。今日もたくさんのホタルが飛んでいます。ふと気がつくと、マックさんのおしりのあたりでもピカピカ光っています。お散歩バッグの中でもピカピカ光ってる。お散歩バッグの中のホタルを救出しようと抱っこしていたマックさんを一度おろして、なんとかホタルを救出して、旅館に帰ろうと歩き始めた時、マックさんの歩き方がおかしいことに気づきました。びっこして歩いてます。あわてて抱っこして宿に帰って明るい電気のところでよく見てみると、肉球と肉球の間、指の付け根あたりが赤くなってはれています。そして足が痙攣するようにぶるぶる震えています。ちょうど私もホタルを見ていたとき、腕にチクッとするどい痛みを感じて、その後はれてきたので、多分同じ毒虫にさされたものと思われます。近くに獣医さんもないし、どうしようと私、真っ青になってあせっていたのですが、パパさんが洗ってみたらどうだろうというので、せっけんで足を洗って、その後水で毒を良く洗い流しました。すると、足をついて歩けるようになったんです。本当によかった。ママの不注意で痛い思いさせちゃってごめんね。今度はもっと気をつけるからね。

続く。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/326-eefeae29