上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昇仙峡ハイキングの続きです。
昇仙峡2−1
ふたたび遊歩道を歩きます。
遊歩道は舗装されていているので楽に歩けます。


昇仙峡2−2
遊歩道から見た渓谷。
ここを歩いたわけではありません。
渓谷にはところどころ降りて近づいたりできますが、歩いたりはできません。


昇仙峡2−3
昇仙峡名物「石門」が見えてきました。
上の石を左横の石で支えてるとおもいきや、


昇仙峡2−4
近くで見るとこのとおり、重なってないんです。
上の石はどうやって重さを支えているのか不思議です。


昇仙峡2−5
眼下に渓谷を見ながら進みます。


昇仙峡2−6
昇仙峡名物「仙蛾滝」に到着。



昇仙峡2−7
滝の横にある階段を登って行くと、いくつかおみやげ屋さんと食堂があります。
以前、ブログで見た、わんこOKでほうとうがおいしいと書いてあったお店に入りました。
わんこはテラス席でしたが、そのテラスが2人座るのがやっとというぐらい狭かった。


昇仙峡2−8
こちらは山梨名物ほうとう。
かぼちゃがほくほくしておいしかったです。


昇仙峡2−9
テラス席から川の流れが見え、風が涼しかったです。


昇仙峡2−10
お昼を食べて元気がでたところで元来た道を帰ります。
渓谷を見ながら歩きます。


昇仙峡2−11

昇仙峡2−13
きれいな川の流れ。


昇仙峡2−12
ふたたび石門をとおります。


昇仙峡2−14
遊歩道をテクテク。


昇仙峡2−15
テクテク。


昇仙峡2−17
ちょっと疲れたのでひとやすみ。
こちらの金渓館というお店、全面テラス席でわんこOKです。


昇仙峡2−18
ここで食べたかきごおりが・・・まずかった。
でも、ロケーションは抜群。


昇仙峡2−16
こ〜んな景色を見ながらお食事できます。


昇仙峡2−20
マックさんも床でまったりくつろいでます。



昇仙峡2−19
県営駐車場で記念撮影パチリ。

昇仙峡ハイキング、とっても楽しかったです。
帰りにふとマックさんを見ると体に黒い点々がついていて、なんだろうとひとつとって見てみたら、なんとマダニでした。
フロントラインをやっているから大丈夫とはいえ、気持ち悪いし、血を吸われるのは嫌なので、その場で3匹やっつけました。
道路は舗装されていたし、そんな山の中を歩いた訳ではないのに、ダニはちょっとした道の端の草むらとかにひそんでいるんですね。
夏にわんこと一緒に山歩きをされる方はご注意ください。


ハイキングでたくさん歩いて汗をかいたので、帰りにふたたびほったらかしの湯へ寄りました。
今度はこっちの湯に入りました。
温泉に入る時は、いつもパパさんと交代で入りに行くのですが、この日もマックさんとふたりで車で待っていると、観光バスが2台とまり、100人ぐらいドヤドヤっと人が降りて温泉に入って行きました。しかもその8割が女性でした。
ほったらかし温泉は確かに広くて50人ぐらい入れる湯船が2つあるけど、洗い場は20ぐらいしかないし、脱衣所も混むと思う。いったいどうしたものか。
パパさんが帰ってきて、今度は私がお風呂へ行く番です。
さっきの団体さんとぶつかったらやだな〜と正直思いましたが、団体さんが来てからすでに30分以上たっていたので、お風呂はそんなに混んでいませんでした。しかも私があがったときには観光バスはもういなかった。
みんな行動が早いですね。
それにしてもほったらかしの湯、すごく気に入りました。
山梨へ来た時は必ずここに寄ってこうと決めました。
また遊びに行こうね。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/424-2dfd5b6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。