上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目(7月22日) 前編 〜麗しの千枚田&水浴びするマックさん〜

宿をチェックアウトして輪島の朝市にやってきました。
能登1
輪島朝市でパチリ。
輪島の朝市は千葉の勝浦、岐阜の飛騨高山と並ぶ日本三大朝市のひとつで1200年以上の歴史があります。
約350m続く朝市通りには、鮮魚や干物、野菜、民芸品などの露天が並びます。


能登3
なかでも多かったのが輪島漆を使った漆器屋さん。
お椀やらお箸やら茶托やら、なんでもあって、値段もピンからキリまでありました。
あんまり安いのは人工漆を使っているそう(お店の人に教えてもらいました)。
知らないで買うとこだった。危ない危ない。

ここで義父母へのおみやげに漆を100回重ねて塗ったお箸と、自分たちは普段用に50回塗り、和菓子をいただくフォーク、それから小さな小箱を買ってもらいました。
なんでも100回塗りのお箸は20〜30年もつとか。
輪島漆は丈夫なんですね。


能登2
お店の前でパチリ。


能登5
こちら朝市名物のえがらまんじゅう。
黄色い色が鮮やかなおまんじゅう。
おいしかったです。


能登4
屋台のおばあちゃんとパチリ。
マックさんはあちこちの屋台から「わんちゃん」「わんちゃん」と声がかかって人気者でした。
マックさんもワンワン吠えて、その声援にこたえていました。


能登6
続いて「道の駅千枚田ポケットパーク」にやってきました。
こちらは千枚田と呼ばれる棚田です。
日本海に向かって広がる急斜面に千を超える棚田が美しい幾何学模様を作り出しています。


能登7
道の駅から階段で棚田まで降りれるようになっています。
かなり長い階段ですが。
せっかく来たのだから行ってみようか。
レッツゴー♪


能登8
景色を眺めながら階段をテクテク。
海と棚田のコントラストが美しい。



能登9
途中にあった看板でパチリ。


能登10
千枚田が近くに見えてきました。


能登11
もうすぐです。


能登12
それにしてもきれいな景色。


能登13 
それもそのはず。
こちらの千枚田、世界農業遺産に指定されています。


能登15
マックさんもパチリ。


能登16
田んぼまでやってきました。


能登18
千枚田は出入り自由で田んぼの間を歩けるように散策道も整備されています。
でもこの道がかなりの急傾斜。


能登17
真横から見た棚田。


能登19
下から見た棚田。
道の駅からかなり長い階段と急な坂道を降りて棚田の下までやってきたのですが、千枚田は上から見るのが一番きれいだということに気づきました。
下からだと千枚田だか何だか分かりません。


能登20
棚田の先には日本海が広がっています。


能登21
さて、坂を降りたら今度は登らなきゃ。
急な坂道と階段をひたすら登ります。


能登22
上り坂の途中にあった湧き水で水を飲んで休んでいると、マックさんが水浴びを始めました。


能登51
水の注ぎ口に近づいて


能登52
おもむろに寝転びました。


能登53
冷たくて気持ちいいのかな?


能登54
水浴びで涼んでいます。


能登28

能登29

能登30

能登31

能登32
う〜ん、気持ち良さそう。


能登34
湧き水が流れて川になって


能登35
小川をテクテク。


能登33
あはは、途中で行き倒れてる。


能登36
その先に小さな池ができてます。


能登37
池の中をジャボジャボ歩いて。

能登38
わはは、びしょぬれ。

すれ違ったおばさんに、わんちゃん海で泳いできたの?なんて勘違いされて。
この日はすごく暑かったから、マックさん思わず水浴びしたくなったんだね。
これで少しは涼しくなったかな?

この後、道の駅のおみやげ屋さんでここの棚田でとれたお米を使ったおにぎりを買って食べました。
千枚田を見ながら食べるおにぎりはおいしかったです。


続く。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/432-739cef11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。