2日目 後半 〜能登の里山、里海を爽快ドライブ〜

輪島の朝市と千枚田でゆっくりしすぎて気づいたらもうお昼近く。
これからまだ能登半島を半周しなくてはならないので先を急ぎます。

能登2−1
続いてやって来たのが窓岩。
小さいけど駐車場もあります。


能登2−2
こちらが窓岩です。
巨大な岩の中心に直径2mの穴がぽっかり空いていて、この穴が窓のように見える事から窓岩と呼ばれるようになったそうです。
自然の作る美しさに感動。


能登2−3
次はなんとゴジラ岩。


能登2−4
じゃん。


能登2−5
じゃじゃん。
ゴジラに見えますよね〜。
実物はかなり小さいので、最初はどこにあるんだろうと思って探したんですが、一目見てすぐにわかりました。


能登2−6
マックさんとゴジラ岩。
ゴジラ岩ちっちゃい。


続いて「道の駅すず塩田村」に寄ったのですが、写真がなかった。
この道の駅では奥能登に江戸時代から伝わる揚げ浜式製塩法について詳しく解説しています。
時間がなかったので、ちらっと見ておみやげを購入。
おみやげには奥能登で作られた塩と塩飴を買って、そして能登ミルクジェラート塩味を食べました。
塩味のジェラート、さっぱりしていておいしかったです。

この辺り一帯では塩の精製がさかんで、民家の軒先等などでも塩を干している家を何軒も見ました。
ただね、人がいないんです。
奥能登をドライブしていて思ったのですが、景色はきれいだけど、人がいない。
集落や村はあって、家も建っているのですが、人っ子一人いない。
車で1時間走っても、誰にも会わなかったです。
まるで村から住民が姿を消してしまったような、そんな錯覚さえ覚える不気味な静けさでした。
(能登半島に住んでいる方いらっしゃったらごめんなさい)


能登2−7
次に寄ったのが「道の駅狼煙(のろし)」です。
この道の駅から急坂を10分ほど登って灯台に行くことができます。
道の駅で灯台到達証明書を発行してくれます。


能登2−8
遊歩道を歩いて



能登2−10
禄剛崎灯台に到着しました。
能登半島の最先端に位置します。
明治16年に建てられたこちらの灯台、日本の灯台50選のひとつに選ばれています。



能登2−9
マックさんも記念撮影パチリ。


能登2−12
もう1枚パチリ。


能登2−11
灯台から見た海の景色もきれいでした。


能登2−13
つぎにやってきたのは珠洲岬。
なんでも、自然界のパワーが集結するパワースポットだとか。
岬の入り江に建つのはランプの宿といいます。
昔は船でしか行けなかったそうです。
時間がないので写真だけ撮って次へGo Go。


能登2−14
続いてやって来たのが「道の駅すずなり」です。
おなじみ顔出しパネルでパチリ。


能登2−15

能登2−16
ここには廃線になった駅のプラットホームがあって、自由に写真を撮る事ができます。


能登2−17
マックさんも記念撮影パチリ。
かわいく撮れてますか?



さあ、時間がないので急げ急げですよ〜。
能登2−18
つづいてやってきたのは見附島です。


能登2−19
まずは記念撮影パチリ。


能登2−20
パチリ。


能登2−25

能登2−26

能登2−24
周囲300m、標高28mの無人島。
軍艦のようなシルエットから軍艦島とも呼ばれています。


能登2−21
引き潮の時間帯は石積みの道を歩いて島の近くまで行けるそうです。


能登2−22
時間がないから今回はここまで。


能登2−27
つぎに寄ったのが「道の駅桜峠」、それから「道の駅能登空港」です。
こちらの写真は能登空港です。
お店が4時30分にしまってしまうの知らなくて。
5分前にあわててついたんです。
時間がないのにパパさん、私の集めてるキティちゃんを買って来てくれました。
どうもありがとう♪


今日の予定ではあともう1カ所寄るつもりだったけど、やっぱり時間がなかったのでやめました。
だいぶ駆け足でまわったけど、能登半島って見所がたくさんあっておもしろいです。
この後、本日宿泊するお宿のある和倉温泉に向かいました。
能登2−33
こちらが本日宿泊する和倉温泉「花ごよみ」さんです。
こじんまりしてるけど、ステキなお宿です。
一部屋だけわんこOKのお部屋があります。


能登2−30
わんこOKのお部屋はこちら。
広くてきれいな和室です。
1階にあって、玄関が近いのですぐにお散歩にも行けて便利でした。


能登2−28
こちらはマックさんの旅行用のご飯です。
以前ルビーままさんからいただいたものを喜んで食べていたので、リピ買いしました。
1つずつ真空パックになっているので、便利です。


能登2−29
マックさん、おいしそうに食べてます。


能登2−31
私たちの夕食はこちら。
お部屋でいただけます。
これがまた食べきれないほどたくさんでした。


能登2−34

能登2−35
カニに新鮮なお刺身。
能登は魚介類が新鮮でほんとにおいしかったです。

この後、温泉に入りました。
和倉温泉のなかで唯一源泉掛け流しというのがこの宿のウリなんですが、それもそのはず。
源泉の温度が熱すぎて、水で薄めてぬるくしないと入れないんです。
10分ぐらい湯舟に水を入れっぱなしにして、ようやく入ることができました。
泉質もよく、温泉は気持ちよかったです。


続く。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。





























スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/433-6fbbd511