上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の木曜日、いや金曜日のことだったか、マックさんが家から脱走しました。
子犬の頃はよく脱走していたのですが、大人になってからはほとんどなく、ここ7、8年は一度も脱走なんてしてなかったので、はっきり言って油断してました。
その日は朝から天気もよく、ポカポカ暖かくて、いつもお昼過ぎまで寝ているマックさんがめずらしく早く起きていて、遊びに行きたい、散歩に行きたいと、窓ガラスを足でカリカリひっかいて騒いでました。
とりあえず庭にだして自由に遊ばせていました。
マックさんは庭だけではなく、家の裏の方にも行くのでときおり姿が見えないこともあるのですが、首輪につけた鑑札とネームプレートが重なり合うカチャカチャとした音がするので、ああ、いるなと思い、安心してました。
ところが私が眠くなり、ちょっとうとうとしてしまって、はっと気づいたら、カチャカチャという音がしない。
あわてて庭を見渡すけどいない。
家の裏にも行ってみたけどいない。
ひょっとして家の中に入ってるかなと思って家の中も探したけどやっぱりいない。
マックさんがどこにもいないのです。

どうしよう、マックさんがいなくなってしまった。
私、頭が真っ白になりました。
とりあえず急いで探さなきゃと思い、近所の人に「マックがいなくなったんです、一緒に探して下さい」とお願いして、私はいつもの散歩コースを、近所の方は反対方面を探しました。
私は散歩コースを走りながら辺りをキョロキョロ見渡しながら探したけど、どこにもいなくて。
足の早い子だから、私の足じゃ追いつけない、いったん家に帰って車で探そうと思い、家に帰って車に乗り込み、車を発信させ、最初の交差点で止まって右を見たら、なんと50mほど先にマックさんがいました。
しかも女子高生2人と一緒にいます。
私、交差点の真ん中に車を乗り捨て、マックさんのいるところまでダッシュしました。
マックさんは私が来ても逃げるそぶりもなく、おとなしく捕獲されました。
私はマックさんを抱っこした時、ほっとして涙がだーっとあふれてきました。

どうやら、私たちが探していた家の前の道路の1本隣の道路(車の交通量のはげしい道路)をひとりでふらふらしていたのを、偶然通りがかった女子高生達が、車にはねられないようにマックさんのことを守ってくれていたらしいのです。
しかもふたりともマックさんを捕まえようとしたときに噛み付かれてしまい、指にケガをしていました。
私、気が動転してしまっていて、泣きじゃくりながらその子達にありがとう、ありがとうと何度もお礼を言い、交差点にとめたままになっている車を移動させなきゃと、あわてて車に戻って、マックさんを車にのせ、家に帰りました。
後になって、女子高生の女の子達の名前と住所を聞いておけば良かったと思いました。
マックさんが無事に帰ってこれたのは、心優しい女子高生が私が来るまでの間、マックさんを車から守ってくれたからなんです。
もしこのブログを見ていたら、改めてお礼を言わせて下さい。
マックさん(白と茶色のふさふさのパピヨン)を助けてくれてどうもありがとう。
噛み付いてけがさせちゃって本当にごめんね。
あなたたちのおかげでマックさんは無事に帰って来る事ができました。
本当にありがとう。
心から感謝します。


大好き1
マックさんが見つかって本当によかった。
これからは、家にいても油断しないように気をつけます。
マックさんも勝手にひとりで出ちゃダメだよ。
ママの側からいなくならないでね。
ずっとそばにいてね。



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/507-6ffe5cc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。