広島2−2
広島に着いて、一番始めに訪れたのは平和記念公園です。
戦後70年となる節目の年である今年、どうしても来たかった場所です。
パパさんとマックさんは初めて、私は高校生の時に修学旅行で来て以来2回目です。


広島2−3
噴水の前でパチリ。


広島2−4
ここに来たら必ず訪れてほしいのが広島平和記念資料館です。


広島2−5
右上にうつっている大きな建物です。
原爆について様々な資料を展示していて平和について考えさせてくれる施設です。
日本に生まれたなら誰でも一度はここを訪れてほしいです。
私は高校生の時にここを訪れて、原爆の恐ろしさや平和の尊さについて学び、胸に深く刻まれました。
残念なことに、建物の中はわんこNGなので、今回はパパさんだけ見て来ました。
ちなみに公園内はわんこの散歩もOKです。


広島3−36
こちらは原爆死没者慰霊碑です。
中央の石室には29万人を超える原爆死没者名簿が納められています。
毎年8月6日に平和記念式典が行われるのがこの場所です。


広島2−7
慰霊碑の直線上には原爆ドームが見えます。


広島2−8
慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」という碑文が刻まれています。


広島2−9
被爆者の霊を雨から守りたいとの思いから、屋根は埴輪の家の形をしています。


広島2−6
マックさんも来たよ。
パパさんとマックさん、私の3人で慰霊碑の前に並んで手を合わせ、静かに平和への祈りを捧げました。
そのとき私は、何か胸の中にこみあげてくるものがあって、涙が次から次へとあふれてとまりませんでした。
70年前の8月6日、まさに今日、ここ広島で原子爆弾が投下され、一瞬にして多くの命が奪われたのです。
ただただ悲しくて、そしてむなしくて、いろんな思いがめぐり、涙がとまらなかった。


広島2−10
こちらは祈りの像。


広島2−12
公園内をちょこっとお散歩。


広島2−11
暑いので、日陰を探して歩きます。


広島2−14
こちらは原爆の子の像です。
被爆による白血病で亡くなった少女と、原爆で犠牲となったすべての子供たちのために建てられた慰霊碑です。

少女の像が捧げているのが折り鶴です。
これは少女が闘病中、鶴を千羽折れば治ると信じ、鶴を折り続けたからです。


広島2−17
像の下にある石碑には「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」という碑文が刻まれています。


広島2−16
塔の中には折り鶴の形をした鐘があります。
パパさんとマックさん、私の3人で一緒にこの鐘をならし、平和への願いを捧げました。


広島2−13
世界中が平和になるといいのにね。


広島2−15
この原爆の子の像には毎年約一千万羽の折り鶴が、世界中から手向けられています。


広島2−18
平和を願ってパチリ。


広島2−19
続いて公園を出て、訪れたのがここ、原爆ドームです。
原子爆弾の衝撃をほぼ真上から受けたために奇跡的に倒壊を免れましたが、崩れ落ちた外壁や鉄骨がむき出しになった無惨な姿が見る人の心を打ちます。
原爆の恐ろしさと平和への願いの象徴として、1996年に世界遺産に登録されました。


広島2−20
高校生の時に訪れてから○○年ぶりに訪れた広島、原爆ドーム。
あの頃よりちょっと世の中が分かるようになって衝撃も受けました。


広島2−21
ドームの前にはボランティアの方がいて、原爆について詳しく説明をしてくれます。
その話を聞き、改めて核爆弾の恐ろしさ、戦争の悲惨さを目の当たりにしました。
すごくショックだったのと同時に、もう2度と核爆弾を使ってはならないと、固く心に刻まれたのでした。
また、外国の方も多数訪れていて、世界中の人に一人でも多くこのことを知ってもらいたいとそう思いました。


広島2−22
マックさんも来たよ。
平和について考えよう。


広島2−23
続いて訪れたのは原爆ドームからわずか数十メートルのところにあるこちらの病院。
ここが爆心地になります。


広島2−24
今ビルが建っている建物の上空600メートルで原子爆弾が炸裂、多くの人が一瞬にして命を奪われました。


広島2−25
病院の脇には看板が立っています。
当時の写真を見ると、建物がひどく破壊されている様子が分かります。
まわりには建っている建物はひつもありません。
原子爆弾によって、一瞬にして吹き飛ばされてしまったのでしょう。

その被害はまるで想像もつきません。
戦争は死と破壊しかもたらしません。
日本はいま、平和な世の中になっているけれども、世界ではまだ戦争をしている国々があります。
早く戦争のない平和な世界になることを望みます。


広島2−26
暑かったので、ちょっと休憩。
Caffe Ponteさん。
テラス席がわんこOKです。


広島2−28
すぐ前を川が流れています。


広島2−29
川沿いに見た原爆ドーム。



ここで、マックさんからのメッセージです。
広島2−31
核兵器廃絶。

広島2−32
ノーモアヒロシマ。

今回、平和記念公園と原爆ドームを訪れて、核爆弾の恐ろしさ、戦争の悲惨さを目の当たりにしました。
こんなにむごいことがあるかと、目を覆いたくなるような真実がありました。
核兵器による攻撃、このようなことは2度とあってはなりません。
絶対にしてはなりません。
広島、長崎だけでもう充分です。
日本は唯一の被爆国です。
もう2度と核爆弾が使われないように私たちが世界中に働きかけていかなければ、そう思います。


広島2−33
再び公園に戻って。
あの日も今日のように良く晴れた暑い夏の日だったそうです。


広島2−35
いまは蝉が鳴いている静かな公園です。
日本は平和な世の中になりました。
でもこれは、人々の努力に寄って成り立っていると思います。
これから未来に向けて、私たちが平和を守って行かなければならないと強くそう思いました。
私にも何かできることはないか?
ブログで発信することで、少しでも平和について考える人が増えて、貢献できればいいなと思います。
平和について考え、静かに祈りを捧げた日でした。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://macdog.blog.fc2.com/tb.php/539-878123c0